新聞折込とポスティング

紙の広告媒体というと、新聞折込・ポスティング・チラシあたりでしょうか。今まで紙自体はどれも同じだと思っていたのですが、どうもそれでは駄目のようです。

東京のポスティング会社のサイトに「同じでは駄目」と掲載してあるのを見て、ちょっと考えてしまいました。チラシは基本的に受け取りませんが、新聞折込とポスティングは結構見かけます。その気がなくても受け取らざるを得ないものですので。

で、この2つの違いは何だろうということを考えていました。サイトに答えが書いてあるわけではないのですが、ヒントはありました。新聞折込をポスティングに流用しても反響は得られにくいと言う事なのです。ということは、新聞折込では何かが弱すぎると言う事。

自分がどういう反応をするかを考えてみると、新聞折込はとりあえず一通り見ます。この段階では読まずに見るだけ。気になるジャンルの広告だとわかった段階で初めて読みます。

これに対して、ポスティングはほぼ見ません。入ってくる事は予定外ですし、1枚2枚入ってたところでゴミになってしまうのが落ちです。そして、見たとしても大概は興味のないジャンルばかり。

ポスティングとは、いかに興味を持ちそうな人の手元へ届け、引き付け、読みたくさせるか。これが重要なのかもしれません。黄色い紙にモノクロで印刷された小さな紙では、ポスティングとしては弱すぎるのでしょう。

今度ポスティングを見かけたときには、ちょっとそのあたりを意識しながら見て(読むのではないですよ)見ようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック