アンチエイジングと健康志向

最近アンチエイジングが流行っていますね。エイジングは aging で年を取る事。頭に anti をつけて、年を取る事に対して抵抗すると言う意味になります。

年齢と共に体は変化していきます。途中までは基本的により良くなっていきますが、ある程度の年齢になれば下がり傾向の方が強くなります。筋肉が衰えれば動きが悪くなりますし、皮膚から張りが失われてしわが増え、軟骨が磨り減れば歩くだけで痛みが出るようになります。細胞も分裂より死滅する数の方が多くなり、小柄でやせ細ってしまうのです。

こうした変化を出来るだけ抑え、実年齢よりも若返った体にしようと言うのがアンチエイジング。単純に美容目的だけでなく、健康であろうとする目的も最近は含まれている気がします。

アンチエイジング指導士のサイトでは、男性からの声も掲載されています。整形外科医師の方で、手術時の洗浄による肌荒れが良くなったとか。肌荒れの酷い医師では不安になってしまいます。

それにしても、本当に最近は健康志向ですね。最近読んだ小説では、日本人が医療的な意味で不老不死になっていました。どんな病気も治せるため、死ぬ事がなくなったと言うのです。いつかは現実になるのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック