気候と住宅

人が安心できる場所を住宅と言うのであれば、最古の住宅は自然の洞窟でしょうか。少なくとも雨風を凌ぐことができ、気を配るのは出入り口方向に限定できます。

やがて、人間は自分で住むための住宅を作り始めました。日本では竪穴式住居に始まり、湿気の高い気候に合わせた高床式住居が生まれ、冬よりも夏をすごしやすくするために風通しを重視しました。壁は少なく、仕切りとなるふすまや障子をはずせば家の中を風が抜けるようになるのが特徴です。

現代の住宅の多くは西洋式の住宅の影響が強く、高密度高断熱で風通しはよくありません。壁も多く、冷暖房機器の効果を高めることが重視されているように思えます。湿気の多い季節では、換気を忘れるとカビが生えたりして大変なことに。

今年の夏のように最高気温が35度近い日が続くような気候では仕方のないことかもしれませんが、日陰の涼しい空気を家の中に流し込めるような家を作れないものかと最近思います。

静岡にある駿河工房という工務店が、いつか実現してくれるのではないかと期待しています。地元静岡の気候風土に合った家を提案しているとのこと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック